スポンサーサイト

-

㈲エス・イ・函館へ行ってきました

-
毎月本社(湯川町)で行っている報告会議を北斗市にあるエス・イ・函館の事務所で行いました行ったことがなかったので、見学も兼ねてお邪魔しました。 試験室会議を終え、試験室の見学をしました。初めは何を目的に使用するものなのかわからない機械ばかりでした。理科室みたいですね...

「転石固定工」がNETIS登録されました!

0
当社が開発し特許を取得した『転石固定工法』が、国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録されました。転石固定工法は斜面における転石の滑落を抑える工法で、樹木を伐採することなく施工できるので環境保全や景観性に優れています。また、構造体が柔軟なため地山の追随性が高く、損傷を受けにく特長があります。さらに、小型機械による施工が可能で、高所の法面や法切りが難しい道路沿いの法面に適しています。北海道建...

広浦橋工事見学会

2
平成28年8月19日宮城県名取市閖上に架かる、広浦橋の架け替え工事現場において 夏休み中の子供たちに、現場見学会を開催しました。弊社も当工事のJVの構成員として参画しております。宮城県建設業協会と宮城県で主催され、将来の建設業の担い手確保も念頭に企画されているそうです!当日は仮橋の基礎杭の打込み作業でした!バックホウ・ブルドーザーの試乗体験や建設機械のラジコンによるゲームコーナー等、他にも測量機器の操作体...

土木学会 論文賞受賞

0
函館工業高等専門学校社会基盤工学科の平沢秀之教授が『第62回構造工学シンポジウム論文賞』を受賞しました。受賞論文「応急橋に適した木製トラス橋の開発とリユース」は、戸沼社長も共著者の一人として論文作成に協力しました。この論文は、災害復旧用の応急橋として平成21年から研究開発され、その後八雲町で供用されるまでの設計施工について取りまとめたものです。今回の受賞は、構造工学論文集編集小委員会による審査に基づき...

土木の日 現場報告 その5

0
蛇内現場 畑中課長より「今年も土木の日を迎え、 下請けの作業員さんたちには、大変喜んで頂いております。 当日は、戸沼社長に直に【土木の日グッズ】を頂き、作業員が緊張しておりました。 10名分のグッズを頂きましたが、当日の作業員が、御覧の通り3名でしたので、 残った在庫は、作業員に随時、プレゼントしています。」...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。