寄り道

とぬ~ん☆

S藤さんとFモトさんは

Fモトさんの一言より

支笏洞爺国立公園 苔の洞門』へ寄り道

苔の洞門 詳細は

 湖畔温泉街から国道276号を美笛方面に約13キロメートル、風不死岳の麓にある枯れた峡谷にびっしりと苔がむした奇勝地です。樽前山が噴火したときに流れ出た溶岩の割れ目が、沢水等により浸食されてできた自然の回廊状の地形で、深さ最大約10m、総延長約420メートルにも及ぶ切り立った岩肌はまるでビロードで覆われたかのように美しく幻想的です。
 苔の種類はエビゴケ、チョウチンゴケ、オオホウキゴケなど約30種。これほどの苔の群生は適度な温度、湿度、日照量で長い年月をかけないとできないという学術的にも大変貴重な場所です。
 洞門入口観覧台までは駐車場から徒歩約20分のトレッキング(約750m、ゆるい登り坂)となり、舗装等はされておりませんので、ハイヒール等は不向きです。

注)現在、苔の洞門は岩盤崩落の危険があるため、内部への立ち入りは禁止されており、開放は駐車場から観覧台までの区間となっていますのでご了承下さい。 ~千歳市ホームページより~

P7270359.jpg

P7270363.jpg
魚道清掃の後 若干疲労が・・・・

P7270364.jpg

P7270365.jpg

P7270366.jpg

P7270358.jpg

今年の夏に
苔の洞門まで小旅行なんてどうでしょうか?

行ってみたいところが、またひとつ増えました。









S藤さん、Fモトさん

魚道清掃お疲れ様でした。

お土産有難うございました。

3時のおやつにいただきます。
関連記事
Posted byとぬ~ん☆

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply